06 October

零式艦上戦闘機52型の絵を買う

  
そのオジサンに初めて会ったのは2005年12月29日の深夜、浅草仲見世の中程の路上だった。

画像の表示車イスと酸素吸入器。浅草あたりでは、こんな装備の年寄りをよく見かける。

その時間に我々が(Cちゃんともみもみ先生のご一行)素面なわけはなく、酔った勢いのようにオジサンに話しかけたのだった。

オジサンは人気のなくなった商店街のシャッターに、黙々と絵筆をふるっているところで、酔っぱらいの冷やかしなんてもう慣れっこだったろうが、気さくに会話を交わしてくれた。

画像の表示浅草らしい ? 江戸情緒のある絵を描いていた。

殺風景なシャッターが、こういう統一感のある絵で埋められていくのはとてもいいことだと思った。

「オジサン、がんばってね」

などと無責任な声援を送り、我らの記憶からそのことは消えていた。

時々浅草へ行った際に、オジサンのシャッター絵をながめ、チラッとその時の記憶を甦らせることはあったけれど・・・。


先日、あの時のオジサンに再会した。
オジサンは路上で版画を刷って、それを展示販売していた。

画像の表示軍帽をかぶり、酸素吸入器と車イスは相変わらずだが、自分の略歴とNHKで放送されたことが提示されていた。

それによると、オジサンは特攻隊で出撃したが、心ならずも生還してしまい、戦後、故郷の浅草に戻ってきたが両親も生家も空襲で失い、失意のままに様々な職業を点々としながら、独学で絵を学び描くようになったとのこと。
名前は土橋さんというのだそうだ。
きっと浅草界隈では知る人ぞ知る存在なのかもしれない。

もちろん、何年も前の通りすがりの酔っぱらいのことなど覚えてる由もないが、なんだか妙に心が動いたのと、路上に広げられた戦艦大和や戦闘機の絵が、「小松崎茂」画伯のプラモデルのパッケージの絵を彷彿とさせ、昭和のオヤジの胸をときめかせたので、その中の1枚「零式艦上戦闘機52型」を買った。

オジサンにっこりして「52型、52型ね」と、念を押した。

画像の表示ひよっとすると自分が出撃した機が「52型」だったのかもしれない。

「おーい、ヨウコ」

と、傍らに停めてあった車を振り返って声をかけると、初老の婦人が出てきて「52型」の絵を袋に入れてくれた。
ふたりともとてもうれしそうに、絵を抱えたオヤジを見送ってくれた。

今の婦人は奥さんだろうか ? 
それとも娘さんか ?
特攻隊の隊長を務めたオジサンの歳を82、3歳とすると、娘さんでもおかしくないが、なんとなく奥さんのような気がした。
それにしても、またしても「ヨウコ」かぁ・・・。

オジサン、ほんとうはでっかい戦艦大和の絵も欲しかったんだけど、お金を貯めてまた買いにくるから、今回はこれで勘弁ね。
では、武運長久をお祈り申し上げ候。





15:46:51 | mogmas | | TrackBacks

05 October

気持ちのいい場所


歩いたり走ったりしている荒川の河川敷に、気持ちのいい場所がある。
自宅から約5.2キロの距離、平井大橋を通り過ぎ、総武本線の鉄橋の脇。
「平井運動公園」というらしいが、短く刈りそろえた草が、手入れのよい芝生のように何百メートルにも渡って広がり、思わず寝転びたくなる緑の誘惑。
晴れた日にはお弁当を広げる人や、小さな子供と戯れる家族の光景が和ませる。

橋と鉄橋に挟まれた一角に花が生い茂り、なかなかいい風情。

画像の表示
花とおぢさん・・・ま、ガラじゃないんですが・・・

その傍らにぽつねんと一本の木がある。

画像の表示
♪ この〜木 なんの木 気になる木〜 ♪

「河川敷高木植樹第十号」だそうだ。
今ではすっかり荒川になってしまっているけれど、この川は「放水路」なのです。
消えかかってはいるけれど、ここにはそれも書かれてある。

画像の表示
さりげない発見ってやつですな。

しゃかりき、がむしゃらに走っているわけではないので、しばしこの気持ちのいい場所でごろんと寝っ転がった。
本格的に眠ってしまいたいほど気持ちが良かった。

今度お弁当と本でも持って、ゆっくりひなたぼっこに来よう。



15:01:58 | mogmas | | TrackBacks

04 October

ウォンテッド

  
この歳になって初めて、まともに「ピンク・レディー」を聴いた。

というか、全108曲・5枚組のCDBOX「人間万葉歌 阿久悠作詞集」を堪能し、その中に「ピンク・レディー」も当然収録されていたわけだ。
いずれも名曲揃い。
歌謡曲、流行歌、身体の隅々にまで擦り込まれている時代の唄、詩、詞、歌。
昭和と平成をつなぐ珠玉の作品の数々。


で、「ウォンテッド 」である。

予告編の作り方がお上手ですな。
 
以上。

あ、まぁ大味なのが好きな方は観とってもいいんじゃないですかい。

ま、「アンジェリーナ・ジョリー」(ジョリ子っていうんだろうか ? )好きの御仁も観とけばいいんじゃないですかい。

以上。

ん、「ティムール・ベクマンベトフ」ってややこしい名前の監督、ロシア史上最高の興行成績を「ナイト・ウォッチ」で稼いだらしいが、悪いけど、全世界的にダメダメのアマアマの評価がまかり通ってるとしか思えませんな。

カンヌだってそうさ。
西洋人が納豆にモンドセレクションの金賞やるようなもんだ。
納豆だけ喰ってんじゃないっての、ネギもちゃんと入れて正しく混ぜて食べなさいっての。
わかってんのかね、ホント・・・。

や、でも1回観ときゃいいんでないかい。
西洋料理のフルコース食べた後に、〆でみょうにお茶漬けが食いたくなる感じというんですかい。
オナカいっぱいだね。


「人間万葉歌 阿久悠作詞集」は買いです。
言葉が力を持ってるし、艶があるし、粋だし、プロの仕事をまざまざと感じさせてくれます。
時代と寝ています。
全108曲が煩悩を揺さぶります。
ほとんど口ずさめちゃう世代は、うかつに酒なんて飲んで聴いたらいけません。
泣けます。

で、「ウォンテッド 」さ。
当時ちゃんと聴いてなかったけど、詞が自然に浮かんでくるんだからまいっちゃうね。

♪ ・・・ある時ニヒルな渡り鳥 あいつはあいつは大変装 ♪ 

「・・・あいつはあいつはだれでしょう」と歌ってると思ってた。
よかった、正しい詞がわかって・・・。






10:03:00 | mogmas | | TrackBacks

03 October

深夜のバカオヤジ

  
ちょーたのしい新林檎「28号」 !!

楽しすぎてすぐ脱線しちまう。

画像の表示

毎日、毎日オバカなスナップ。

画像の表示

そうやってオバカをしながら操作に慣れていくのだ。

ほんの、仕事の息抜きでございます〜。

画像の表示

ズキュ〜ン !!


01:02:41 | mogmas | | TrackBacks

29 September

万札狂想曲



この3日間というもの、連日明け方3時、4時まで新林檎「28号」にかかりきりだ。

それはとても楽しくウキウキなんだけど、今まで通り使えようにするためにはとてもとて〜も時間のかかる作業ではある。

35,480枚の画像や7,562曲分の音楽データとともに、86GBのファイルを移してようやく人心地がつき、あとはイラストレータやフォトショップなどのアプリケーションを元通りにすれば、それでなんとか仕事はできるはずだ。

目をショボショボにして夜が白む頃、倒れ込むように布団に潜り込む。
今月のはじめくらいから咳き込んでいる小僧のしつこい風邪をもらったのか、みょうに寒気がして、もぞもぞと起きたのは10時を過ぎていた。

なんだか足元が寒くて、タンスの奥にうっちゃってあったシャカシャカのズボンを引っ張り出して掃くが、やはりこれも今じゃダブダブだ。
それでも冷えるよりはマシと、何気なくポケットに手を突っ込んだら、一枚の紙切れを探り当てた。
何の期待もなく引っ張り出したら、な、なんと、それは

まぎれもなく 

 一万円札ではないか!!!


洗濯してしまってややシワシワ気味ではあるが、まごうことなくそれは日本国の

万券 様だあぁぁぁぁぁ


我を忘れて思わず叫んでしまったら、家族全員に知られてしまった。
これが千円札ならここまで興奮はしないのだが、なんせ万札である。
頭の中には即「ビバルディ」の
「四季・第一楽章 」が奏でられ、妄想が果てしなく広がるのだった。

その妄想を現実に変えたのは、いつもなら反応速度の超遅いかあちゃんの一言であった。

「鰻を食べにいこう !! 」

そこから先は、まるでコマ落しのような早さで、ばあさんまでもがさっさと着替えてお出かけの準備を整えた。
なんて“現金”な奴らだ・・・・・。

オヤジの汚れなきサプライズの万札を当てにしやがってからに・・・・・。


浅草で、「ひつまぶし」を4人前と食後のお茶で、つかの間の幸せな万札は消えてしまった。
獣のような食欲の小僧に3分の二も喰われてしまったが、久々の米粒に満足した。

今度、家族がいないスキに、タンスやその辺にうっちゃってあるズボンのポケットというポケットをすべてひっくり返し、更なるお宝が眠っていないか確かめよう。
そして密かに自分のためだけの幸せにひたろう。

しかしいったいなぜ、このような大金を無造作にポケットに入れたまま忘れていたのだろう ?
ぜんぜんわからない・・・・・・・・





13:31:17 | mogmas | | TrackBacks